ローンが残っても大丈夫|最適な物件を見つけるためのタメになる不動産ガイド

最適な物件を見つけるためのタメになる不動産ガイド

ローンが残っても大丈夫

集合住宅模型

分割払いも可能

年々、住宅ローンが支払えずマイホームを手放す方も増えています。福岡も例外ではなく競売にかれられてしまう物件も少なくありません。ただ、競売の場合は売却金額から差し引いてもローンが残っている場合、残りの住宅ローンを一括で払うよう請求されたり、抵当権者から月々これだけ支払うよう一方的に押し付けられるケースが多いようです。このような負担を避ける為、利用したい制度があります。その制度とは「任意売却」です。任意売却は競売とは違い、債権者と債務者、買主の話し合いによって物件を売却できるのが特徴です。任意売却の場合は住宅ローンが残ってしまっても、債権者と返済に関する事を柔軟に決められます。月に支払える額で残ったローンを、返済出来るという事もあり競売よりも金銭的な負担はありません。福岡で競売を避けたいなら、任意売却を検討してみましょう。

手続きや校章が複雑

任意売却は競売と比べると、債務者にとってメリットが多いと言われています。競売の場合は市場価格の相場より、6割程度の価格で安く買いたたかれてしまうケースがほとんどです。一方、任意売却の場合はほぼ市場価格同等の価格で、売却する事が出来ます。この他にも様々なメリットのある任意売却ですが、メリットがあれば当然デメリットも存在しています。任意売却は債権者との交渉を行わなければいけません。素人の場合、複雑な交渉や手続きを行う事は難しいでしょう。全てを1人で行うのは困難と言えます。ただ、福岡には任意売却を専門に行う業者も少なくありません。専門業者に依頼すれば難しい手続き・交渉も行う必要は無いのです。住宅ローンを支払うのが難しいという場合、福岡でも任意売却できるという事を覚えておいて損は無いでしょう。